京都の中坊進二さんも散歩で訪れる龍安寺とは?


京都の中坊進二さんは、
休みの日になると京都の色んなところへ散歩をしているそうです。
彼がよく散歩で訪れるのが龍安寺だそうです。

この龍安寺は、京都を代表する観光名所として知られているお寺です。
ユネスコ世界遺産にも登録されており、
国内だけでなく海外からも多くの観光客が訪れています。
そんな京都の中坊進二さんも訪れる龍安寺は、
室町時代に細川勝元によって創建されたお寺です。

有名な庭園は簡素な構成で、
禅宗が盛んだった当時の時代背景を色濃く残しています。
京都の中坊進二さんが好きなのは、枯山水の庭園です。
白砂を敷き詰め、石を一見無造作に並べた庭園がお気に入りだそうです。
何故この並びにしたのか?と石を見ながら考えるのが
京都の中坊進二さんは好きなんだそうです。
妄想して楽しむことで、日ごろの忙しい日々の疲れを癒しているんだそうです。

龍安寺の魅力は庭だけではありません。
庭や周辺の自然の移り変わりも美しくて好きだと話していました。
春になると、石庭にかかる枝垂桜が綺麗だそうです。
その桜と合わさると、素晴らしい芸術品のようだそうです。
同じく、秋の紅葉も素晴らしいそうです。
真っ赤な紅葉と白砂のコントラストがよく、春や秋は特に通っていると話していました。

庭を見ながら色々考えたり、桜や紅葉が美しいのが龍安寺だそうです。
派手さはなくとも、心現れるところが京都の中坊進二さんも好きなんだそうです。
風景を見たり、物思いにふけりたい時にはぴったりの場所ですね。