中坊進二がテレビに思うこと


身近な娯楽や情報の習得の手段として、
一家に一台はおろか一人一台持っているのがテレビです。
中坊進二はテレビに思うことが様々あります。

中坊進二は暇な時に家電量販店を訪れ、
色んな家電を見て回っています。
売り場でテレビを見ると、
テレビは未だに進化し続けていることに驚いています。
4Kなどより綺麗に見れるテレビが現在は店頭に並んでいます。
テレビがフラットになったり地デジ放送に移行しただけでも十分凄い!
と思っていた中坊進二。
まだまだ進化し続けているテレビに、「のびしろあるな」と感激しています。

最近、中坊進二がテレビで驚いたのは、テレビの枠が狭くなったことです。
今のテレビは枠が細く、その枠までテレビの画面が広がっています。
より大きな画面で見ることが出来るので、
中坊進二はテレビを買い換えようかと検討しています。

タイミングよく、
中坊進二は寝室にあるテレビを買い換えようと考えています。
その理由が、寝室のテレビが少し小さく感じてきたようです。
買った際は「このくらいでいいだろう」と思って
今の22型のテレビを買ったようですが、
段々その大きさに満足できなくなったようです。

実際にテレビのサイズについて調べたところ、
現在では中坊進二が想像して以上の大きさのテレビがいいことを知りました。
中坊進二の寝室は6畳あります。
6畳であれば32~40型がいいということがわかりました。
今使っているテレビよりも大きいことに中坊進二はびっくりしました。
求められるサイズも進化していたようです。

中坊進二はテレビの進化をひしひしと感じています。
部屋に合った大き目のテレビを思い切って買うのもいいかもしれません。